メインメニュー
気まぐれアーカイブ
最近のつぶやき
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

TOP
TOP : 気まぐれニュース [Vol.18 No.2] 2012.8.17
投稿者 : solo 投稿日時: 2012-08-16 22:26:42 (1758 ヒット)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
気まぐれニュース [Vol.18 No.2] 2012.8.17
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/  

夏も終わりに近づき日増しに秋の気配が深まっていきますがいかがお過ごしですか。私は田んぼの稲が順調に育ち一時の緊迫感が薄らぎ、なんとかなるだろう という気持ちになった今日この頃です。  敗戦から67年原爆より恐ろしい原発事故に見舞われた福島と津波被災を一緒にして『復興』とくくってしまう狡猾な日本政府の言動に腹立たしい思いの毎日 です。  国際社会から人種差別ではないかと思われるほど沖縄への軍備拡張が続いています。オスプレイ配備に至ってはアメリカの言うなりかつ検証という迂回路を設 けた欺瞞で沖縄をアジア戦争の最前線に仕立てようとしています。  この67年間絶え間なく続き、今もシリアを始めとする各地で戦争が続いている時代に沖縄だけ軍備を強化すれば真っ先に戦火に見舞われるのは目に見えてい ます。そんな沖縄に目を向けよう・・・
==========================
10年目の明日も晴れへご支援を!
==========================
http://www.seiko-jiro.net/
7月にこのサイトを訪ねた人は219286人(ページビュー)、毎日1145人(平均)が10年間絶える事なく訪れているのです。ここで私がいう支援とは 「共感」と「連帯」です。20万ページビューを維持するWEBサイトは大変大きな力です。これはかつてのマスコミの影響力を凌ぐ力になると思います。それ に必要なのが訪問した方々の「共感」と「連帯」です。

=========================
おおきせいこさんは、明日も晴れWEBサイトを始めるにあたって、2003年10月22日にこんなメッセージを書きました。

1969年5月8日新宿駅西口地下広場  
私は赤いビニールケースに入ったギターを抱え新宿駅の西口地下広場に通じる階段を降りていた。一九六九年五月八日土曜日。西口地下広場は、いつもと違っ ていた。前の週に広場を通路に変えてしまった国家権力は暴力で若者達を追い散らした。その事は、テレビや新聞で報道された。「何があるんだ」「警察のやっ た事はおかしい」と、様々な思いの人々がこの日広場に集まった。  私は、たくさん人がくるだろうと予測はしていたが、あまりの多さに体が震えた。ギターを抱えた数人の仲間と改札口を出ると。人々の動きは私達と同じ方向 に流れ始めた。交番に近い角柱を背に私達は、ギターを弾き反戦フォークソングを歌い始めた。  すると、みんなは池に石を落とした時に出来る波紋のように座り始めた。広場は人でうまった。歌声は、だんだん大きくなっていった。輪のまわりでは、話し 合いをする人のかたまりが幾つもできていた。通路は広場にもどり、人々は生き生きと語り始めた。そして、数ヶ月後「立ち止まらないでください」のアナンス の声と共に広場から歌声は消えてしまった。
あれから三十四年、私は昨年ベトナムを訪ねる旅で知り合った友人の一人と新宿西口地下広場で反戦の意思表示をする事を決め、毎週土曜日に立ち始めました。

このページを訪ねて下さった皆さんに! この「明日も晴れー大木晴子のページ」は、市民運動や新宿西口地下広場の事だけでなく我家の柴犬ジローと歩む中から、生活の場から思いを語る事ができれば と願っています。地下広場で反戦・平和の意思表示をするのと同じく戦争のことなど生活の場でふれることがなかった人たちにも見ていただきいま「自分にでき ること」を考える一歩にしていただければ嬉しいです。
2003年10月22日 http://www.seiko-jiro.net/
==========================
「夢つくし」「にこまる」順調!
==========================
http://west-wind.info
平成24年(2012年)新米 宗像の『にこまる』『夢つくし』予約承ります 
にこまる 10Kg4000円 5Kg2000円
 夢つくし 10Kg3500円 5Kg1800円
 送料500円均一
  稲刈り予定:夢つくし9月下旬、にこまる10月中旬


 籾で保存、注文後精米、翌日発送  
お米の美味しさは精米後約2週間までといわれています。
刈り取った籾は水分15%に乾燥し保存致します。注文後に玄米、分づき米、白米など希望に応じ て精米し、翌日発送致します。玄米が身体に良いといわれますが、私は玄米より分づき米(3分)をお薦めします。その理由は玄米には発芽を抑える成分がある からです。       
--------------------------  
宗像にこまるの秘密(種籾はながさきにこまると同じ)
-------------------------- 
にこまるは平成18年発売され、長崎にこまるは知る人ぞ知る名品です。ヒノヒカリに勝るとも劣らないおいしいお米で。美味しさのひみつは、粒ぞろいが良 く、ふっくら炊き上がり、ご飯も色白でつやつやで、粘りがあり、モチモチした食感です。 【名前の由来】「にこまる」の名は、おいしくて笑顔がこぼれる品種であることから『にこにこ』、粒張りの良さ『まるまる』を表現して『にこまる』と命名さ れました。 【「にこまる」の歴史 】平成8年 九州沖縄農業研究センターで交配し平成14年 長崎県は西海250号の奨励品種決定調査を始め、平成17年1月「西海250号」を奨励品種に決定しました。平成17年9月 農林水産省「にこまる」と命名し、長崎県 で 平成18年「にこまる」本格生産が始まり、平成18年8月 「ながさきにこまる」のキャラクター決定、平成18年11月 長崎県で「ながさきにこまる」新発売されました。食味ランキング【長崎県南】特A連続4回取得する人気ブランドになりました(平成20・21・22・ 23年)。長崎県内でほぼ消費されています。
  
にこまる 10Kg4000円 5Kg2000円 送料500円
--------------------------  

福岡県産米夢つくし
-------------------------- 
夢つくしは昭和63年に「キヌヒカリ」に「コシヒカリ」を交配して生まれました。「福岡県産米夢つくし」として、福岡では高い知名度と人気を誇っていま す。県内作付シェアは40%近く を占めており、ヒノヒカリに次ぎ二番目。毎年7万トン以上が収穫されています。柔らかい食感と控えめな粘りが特徴。ふっくらと柔らかく食べやすいお米で光 沢があり、控えめな甘さも相まって上品で優しい食感がします。他の銘柄とは全く違うその食味から高いリピート率を誇っている定番銘柄です。   
夢つくし 10Kg3500円 5Kg1800円 送料500円
-------------------------- 
手を抜かず! 正直に!
--------------------------   
1994年に福岡県宗像市の旧玄海町に転居して18年目に稲作を始めました。2012年2月から後継者として長男が加わり、無農薬有機栽培のノウハウを 伝えていけそうなので、3反(約900坪=3000㎡)の水田にチャレンジしています。
--------------------------  

減農薬栽培で安全で美味しいお米
-------------------------- 
【使用した農薬】育苗時期低温のため、いもち病予防に苗箱専用ツインターボフェルテラ箱粒剤1Kg(反当り)を使いました。
【使用した除草剤】水を抜く と発芽する各種雑草を、アピロトップ粒剤1Kg(反当り)で抑えました。 【使用した肥料】田植え前に施肥すると収穫まで追肥の必要がない一発肥料のJA配合肥料40Kgを使いました。稲は多量のケイ酸を必要とするので、可溶性 ケイ酸「良作くん」20Kgを使いました。分けつした新芽を食べるジャンボタニシ駆除と有機肥料として、椿油搾りかす「カメリアトップ」20Kgを使いま した。

=================================         
お申し込み方法
にこまる 10Kg4000円 5Kg2000円

夢つくし 10Kg3500円 5Kg1800円
送料500円均一    
稲刈り:夢つくし9月下旬、にこまる10月中旬

------------------------
FAX: 0940-34-6021
お申し込みはFAXで下記内容をお書き下さい
お名前 ご住所 連絡電話(FAX)
銘柄 重量 精米(白米、分つき米、玄米)

------------------------
Eメール:kome@izu.bz
お申し込みはEメール下記内容をお書き下さい
お名前 ご住所 連絡電話(FAX)
銘柄 重量 精米(白米、分つき米、玄米)
------------------------


WEBショップ

http://west-wind.info
福岡県宗像市田野707 ファームガーデン

==========================
フェイスブック(FB)に速報掲載
========================== 
伊津信之介の日常風景
http://www.facebook.com/izu.shin/
ファームガーデンの様子、稲の生長などは「野菜便り』
http://www.facebook.com/munakatayasaidayori

すぐに反応があるし、友人が書き込んでいる事がすぐ読めるし、思いがけない旧友と出あったりして、ついフェイスブックに近況書いてしまいます。上のURL で覗いてみて下さい。 それではまた近々お目にかかりましょう!!(いづしんのすけ)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。